原付きの使い方

}PgžxQ

原付の使い方としては、自宅から5キロ程度までの近距離の移動手段にすることが挙げられます。具体的には、近い距離での通勤や近所のコンビニなどに行くときに使うと便利です。基本的には制限速度が30キロまでになっていることから、自転車に乗るのと同じような扱いがされている面があります。一般の道路では左側を走行しなければならないために、自動車に追い抜かれる時には多少の危険が伴うようになっています。そうした環境があることから、長距離の移動には向かない面があります。長距離の移動では自動二輪の免許を持っていた方が、自動車と同様のスピードで走れるために事故などのリスクを減らすことができると思います。ただでさえ、二輪車というのは走行が不安定なところがありますが、スクーターになってくるとさらに車体の不安定さが増すことになってきます。そのため、路面が濡れている雨の日などは、できるだけ運転を控えたいところです。運転においては、道路の状況をしっかりと把握している自宅から近い場合までに限定すると良いです。近所であれば、子供が飛び出してきそうな場所などを予め想定しておくことができるからです。このように安全面に十分に配慮をしておけば、近所の移動手段としては最適となってきます。